お金は貯めるべきか?使うべきか?

お金は貯めるべきか?使うべきか?

お金の使い方は人それぞれでありその人の自由ですが、どうせ使うなら価値のある使い方をしたいですよね。せっかく稼いだ(儲けた)お金を無駄にしないために、お金の使い方を改めて考えてみたいと思います。

お金は貯めるべきか?使うべきか?

私は小さな会社ですが20年程経営をしており、社員に給料を渡したり税金を納めたりとするために売上を上げてはお金を稼いできました。もちろん自分の給料も取るためです。

とにかくお金を稼ぎ続けないと大変なことになります。ところがお金儲けをすることに対して良く思っていない人達がいるのも事実です。私からすると理解できないのですが、昔からお金の教育をほとんどしてこなかった日本では、お金を稼ぐこと、儲けることが邪道と思われたり、使うことさえ良くない、という植え込みがあるくらいです。

お金を使わずに貯金する、というのは何のためなのでしょうか?住宅ローンの頭金にするため、子供の教育資金を貯めるため、いざというときの出費のため、車などほしいものがあってそのためにコツコツ貯めている、という人もいます。

しかしお金を貯める、それだけを考えて本当にコツコツと貯めることだけを考えてやっていけば良いのでしょうか?

貯めたお金を無駄に放置しない

会社に利益が残れば余剰金として置いておくのではなく、広告宣伝費や設備投資に使い、それによって新たな利益を上げます。会社に貯金していても使わなければ勿体ないどころか儲けが悪くなります。

それは法人であっても個人であっても同じです。会社の経営者でなくてもどんな人でも同じです。私の周りでも30代からこのような考え方をされている方はお金の使い方が上手いなと感じます。

やりはじめのときは、お金と時間を無駄にしているのではないかと思われがちですが、それは上手くいくためのプロセスであり必要なものです。

では稼いだお金はどのように使うのかですが、それは自分への投資と人への奉仕に使うものだと私は思います。ここでいう投資とは株やFXに投資したりお金を運用する、といった投資ではなくもっと広い意味で自分を成長させるために使うという意味です。

英会話を習ったりスポーツジムに通ったりするのも自分への投資です。もちろん読書や勉強もです。それから人への奉仕です。自分一人だけのためにお金を使っていても絶対良くありません。

自分一人で生きているのではないからです。人のために使う、困っている人に自分のお金と時間を使って助けてあげるのも奉仕です。自分への投資と人への奉仕、これをすることで間接的ではありますがお金は増えていきます。

このようなことを信じない人もいれば、知っている人は幸せを掴んでいるのも事実、宇宙の法則です。

国民が貯金をすることで国が助かる

お金は自分への投資と人への奉仕に使うもの、と言いましたが、そうではなく銀行や郵便局、保険会社といった金融機関に働いて稼いだお金をコツコツと預けている人は、そのお金は金融機関の金庫に保管されているのでしょうか?

そんなことはありませんよね。が使っています。国が国債と引き換えに金融機関からお金を借りているのです。そのお金は国民が働いて稼いだお金です。国民が金融機関にお金を入れてくれるからそのお金を国は好きなときに借りていくらでも使えるのです。

国民全員が預貯金をせずに、自分で株や何かの投資をしていたとすれば国は困ってしまいます。(もちろん金融機関も困りますが)日本でこれまでお金に関する教育、投資や運用についての教育をしてこなかったのは、それをされてしまうと国が困るからです。

むしろ投資とは怖いもの、邪道なもの、という教え方をされてきました。国民にお金の使い方に関して賢くなられてはいけないのです。日本人の多くはほとんど利息の付かない銀行に文句一つ言わずに預金していますよね。

国にとっては本当に素晴らしいシステムが出来ているわけであります。

お金は貯めるのではなく増やすことを考える

お金は「貯める」のではなく「増やす」もの、だというふうに考えたいです。働いて稼いだお金を生きていく上で必要最小限だけ使い残りは貯金する、というのは勿体ないと思います。貯金しているだけではお金はなかなか増えません。

住宅ローンのために頭金を貯める、なんて必要ないです。どこにそんな理由があるのか私には理解できません。一昔前は頭金が1割か2割必要という銀行がほとんどでしたが、今はそれもなく審査さえクリアすれば頭金無しで低金利で住宅ローンが組めます。

将来の資金計画さえキチンとしておけば問題ありません。いざというときの出費やいつ何が要るかわからないから貯めておくという人も、そんな未知なものに不安を持ちたくないしやってきたときに全然お金足りないかもしれません(笑)

教育資金は必要ですね。それこそ資金計画です。そして将来のために運用も良いですし、お金を貯めたのであれば更に増やすことを考えるべきです。

自分のために使うか、それとも金融機関に預貯金して国の財布にしてしまうか、どちらも悪いわけではありません。お金の使い方はその人次第ですが、私はお金は自分への投資と人への奉仕に使うもの、だと思っています。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。