成功者はどのようなお金の使い方をするのか?

成功者はどのようなお金の使い方をするのか?

私は何回か、「お金は自分への投資と人への奉仕に使うもの」と以前の記事で書いてきましたが、人生の成功者がどのようなお金の使い方をしているのかについてもう少しだけ書いてみたいと思います。

成功者はどのようなお金の使い方をするのか?

お金の価値ある使い方はお金持ちになって余裕ができてから考えれば良いというのではなく、どんな人でも今持っているお金をどのように使うかをしっかり考えないといけないと私は思います。

ここで言うしっかり考えるとは、ただ単にお金を節約するとか家計簿を付けると言ったことではなく、将来のためにどのように使えば自分にとってベストなのかということです。

お金は大切な道具である

学生を卒業して社会人になってからほとんどの人がお金のことについて色々と意識し始めます。そして老後を迎えるまで長い人生に最も影響を与えてくれるのがお金です。二人同じ学歴なのに、その後の人生がお金の影響により180度違うといったことは良くあることです。

お金なんか要らない、という人はさすがにいないと思いますが、儲けなくても良いという考えの人は多いかと思います。毎月の決められた収入から、無駄や失敗の無いように家計を切り詰めている家庭はどこにでもあります。

また、お金を儲けているのに毎日が虚しかったり辛かったりと、何かがうまくいっていないと感じ、楽しめないままでいる人がいるのも事実です。

お金は使い方次第で、幸福を生み出すために活用できる大切な道具だと考えるべきです。まずはお金を、自分が楽しいと思えるようにどう使うかです。

それは自分の満足だけでなく誰かを喜ばせるために使うのも、自分の将来のためにワクワクを感じて投資するのも、両方必要なものです。

お金は生き金として使う

お金を誰かのために使ったり、自分の将来のために投資したお金を「生き金」と言います。衣食住や、毎月かかる費用も生き金ですが、ここで言う生き金とは、人との会食・学び・ビジネスや金融への投資といったものです。人との会食ではご馳走してあげるのも良いでしょう。

学びとは現在の仕事をより向上させるために取る資格の他にも、ビジネスに役立つセミナー、本、DVDといったもの。人との関係、人脈を深めたり、自己の成長のために使うお金です。これらのお金の使い方は、将来自分の人生に豊かさをもたらす呼び水となるでしょう。

人生の向上を目指すお金持ちは、何十万とする高額のセミナーへ惜しみなく参加されます。より豊かな人生を歩みたいという気持ちが強いからでしょう。お金持ちは惜しみなく生き金を使います。ただ、無理してまで高額のセミナーへ参加する必要はなく、今の自分に合った範囲で生き金を使うべきです。

世の中の役に立つことに還元する

誰かの役に立つお金の使い方をすること。寄付や募金もそのうちの一つです。世界中で本当に困っている人に分け与えることで、それが少額であっても命が救われることがあります。

まさに生き金と言えます。身近なところでも困っている人を助けてあげる、そのときに感じる幸福感が更なる幸福を呼び込む。お金持ちはわかっているのでこういったお金の使い方をします。

世界的なコーチであるアンソニーロビンズは1回で何十万とする高額なセミナーを行いますが、そこで稼ぐ何億というお金をほとんど寄付しているといいます。ウォーレンバフェットも生み出した利益の9割を慈善事業に費やしているという事実を考えると、それが生き金として必要だということなのでしょう。

私達は生き金を考える際に、自由に使えるお金のうちで5割程度は生き金として使いたいものです。自分ができる範囲で考えていけば良いと思います。ささやかな募金から初めて、そこから成功者のお金の使い方を習得していけば良いのではないでしょうか。

一度、今どれくらいの生き金を使っているのか、考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。