高金利な定期預金【ウズベキスタン国立銀行】

高金利な定期預金【ウズベキスタン国立銀行】

今回はウズベキスタンにある銀行です。ウズベキスタンってどこだろう?という方も多いかもしれませんね。日本から遠く離れた現地に知り合いがいるのですが、今回はその方からの情報を元に書いてみようと思います。

高金利な定期預金【ウズベキスタン国立銀行】

ウズベキスタン共和国はカスピ海のやや東にある国で、周りにはカザフスタンやトルクメニスタンといった中央アジアの国々が広がっています。ウズベキスタン国立銀行(National Bank of Uzbekistan)はウズベキスタンの首都タシケントにある銀行です。

英語表記の頭文字を取って通称NBUといいますが、NBUは投資銀行としてウズベキスタンの経済活動を積極的に支援し、金融及び産業部門の発展に貢献する国内最大の銀行と位置付けられています。

ウズベキスタンの治安はというと、日本から観光旅行で行けるくらいなのでそれほど悪くはありません。ただ、どこの国でもそうですがスリには気を付けておくのと、ウズベキスタンの場合は国境付近では他の国の情勢が影響してくる可能性があるため、取り締まりも厳しく近寄らないほうが良いということです。

ウズベキスタンは高金利!

ウズベキスタンで使用されている通貨はスム(UZS)で、現在のレートで1UZS=0.013円(2019年5月)、1万円を両替すると約77万UZSと大金を手にした気分になれます(笑)

物価も安く、ほとんどの買い物が日本での半分以下に抑えられます。但し現地での両替は日本円を直接スムにするのは難しいので、一旦米ドルに両替してそれからスムに両替するのが一般的となっているようです。

さて、ウズベキスタン国立銀行で知人がしている預金金利ですが、24%ということで大変高金利です。但し、預入可能通貨は現地通貨のスムのみだということです。

ウズベキスタンの銀行はどこも高金利を売りにしており、地下鉄で見かける広告には金利40%(もちろん年利)というアピール広告もあるくらいです。実際に40%もの高金利があるのかはわかりませんが、知人がしているのでも24%なので、とんでもなく高金利だというのは間違いありません。

現地の富豪達にとっては本当にありがたい金利ですが、そんな富豪達と手を組んで銀行の金利を利用したビジネスをする人もいるくらいウズベキスタンの銀行の金利は魅力的だと言うことです。

普通預金、定期預金共にあり、定期預金は原則中途解約不可、もし満期までに取り崩してしまうとペナルティが課せられます。

口座開設は原則不可、しかし・・

そんな魅力的な高金利ですが、残念ながら日本人等の外国人は口座開設は原則不可です。(あとになってすみません・・汗)

口座開設は原則不可ですが、上で書いたように高金利を利用してビジネスを繰り広げているウズベキスタン人が、この高金利を謳い文句にして外国人に口座開設をもちかけてくるといったケースがあるようです。

それが友人等、留学や転勤で知り合ったような信頼出来る人物なら問題ないかもしれませんが、そうでない人物から勧められた場合は悪質なウズベキスタン人も中にはいるため、最悪元本が戻って来なくなることも考えなければいけません。

また、銀行同士が高金利を競い合っているくらいなので、その金利も銀行により異なります。

定期預金を中途解約するとペナルティがあると言いましたが、それほど大きなペナルティとはならないようで、仮にペナルティを受けるにしても中途解約して金利のより高い銀行へ移し替えるほうが、長期的に見れば得になる場合もあるということです。

まとめ

具体的な定期預金の金利やペイオフの有無までは未確認ですが、ウズベキスタン国立銀行だけでなく、ウズベキスタン国内の銀行はとにかく高金利というのがこの国の金融状況です。

これだけの高金利故に、それを利用したビジネスも盛んでウズベキスタン人と手を組んでいる外国人もいるとのことなので、結構闇深い部分があるのかもしれません。

日本人が単独で直接銀行で口座開設できないのは残念ですが、信頼できる人からのつながりがあるのであれば、ウズベキスタンの銀行の金利のことを聞いてみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。