【コインチェック】アルトコイン売買手数料をお得にする方法

【コインチェック】アルトコイン売買手数料をお得にする方法

先月末にビットコイン1枚が100万円を超えたと思ったら、先日200万円の壁もあっさり突き破ってしまいました。現在は150万円くらいまで下がり、半値戻しの再上昇か・・?と予測してしまいがちですが、とにかくビットコインにしてもアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にしてもボラティリティ(価格の上下差)が大きく、売買のタイミングが難しいのは事実です。

コインチェックでは日本の他の取引所よりも多くの種類の仮想通貨を取り扱っていますので、その中から欲しい通貨を少しでも安く買いたい!と思う人も多いはず。そんなとき手数料が気になってくるところですが、この手数料、少し手間を掛ければ安く抑えることが可能なのです。今回は私がやっているそんな方法を書いてみたいと思います。

【コインチェック】アルトコイン売買手数料をお得にする方法

現在日本では、大きく分けて2種類の場所から仮想通貨を売買することができます。

・仮想通貨取引所
・仮想通貨販売所

「取引所」とは、取引板があって、そこで買いたい人と売りたい人がそれぞれ値段を出し合って取引する場所です。指値注文や成行注文して買ったり売ったりする、といった株やFXでもお馴染みの形態ですね。

メリットとしては、自分の希望する値段で注文が出せる、販売所に比べて手数料が安い、デメリットとしては、希望する値段で出していても買えない(売れない)場合がある、販売所に比べて数値を自分で入力する手間がかかる、等でしょうか。

「販売所」とは、取引板がなく、そのときの相場状況で販売所が値段を決めて、その金額で買ったり売ったりする場所です。取引板がないのでもちろん指値注文は出来ませんが、感覚的には成行注文に近いかもしれません。

メリットとしては、その値段で必ず買える(売れる)、注文数量を入力するだけなので操作が簡単、デメリットとしては、そのときの取引相場より高く(安く)買う(売る)ことになる、取引所に比べて手数料が高い、等ですね。

ではどちらの場所で買うのが良いのかといえば、少額の場合であれば「販売所」で買っても問題ないと思いますが、多額の場合であれば「取引所」のほうが良いかと思います。理由はやはり手数料が大きく違ってくるからです。

コインチェックは誰もが利用しやすい取引所、販売所

今や世界中で取引される仮想通貨は、世界各地でどんどん新たな仮想通貨取引所が誕生しています。日本でも来年初頭に大手SBIグループのSBIバーチャルカレンシーズ取引所がオープン予定ということで、ユーザー数の増加と共に市場規模も更に拡大するものと思われます。

現在日本でも既に多くの取引所が存在しますが、取引量ではどの取引所よりもダントツ、使い勝手も良いと評判のコインチェックがやはりお勧めかと思います。現在扱っている通貨の種類も日本では最多の13通貨です。最近できた出川さん出演のCMもインパクトあって良いですね~(^^)

コインチェック内には取引所販売所がありますが、取引所として取引できる通貨はビットコインのみです。その他の各通貨(アルトコイン)は販売所で売買することになります。ということは、アルトコインを大量買いする場合、手数料が気になってくるところです。

例えばアルトコインのネム(NEM)ですが、コインチェックの販売所で買える仮想通貨の一つです。昨日の夜中から朝にかけて大暴騰しましたね~私はあまり持っていません(汗 そんなネムに今特に注目が集まっていたりするわけですが、このネムを買う場合、コインチェックでも買えますが、別の取引所であるザイフ(Zaif)だと、ここでは販売所ではなく取引所として買うことができます。

ですので一般的にネムを買う場合、取引所で買えるザイフのほうが安く買えると言えます。ただ、各取引所によって全て相場が微妙に違いますので、絶対に販売所のほうが高いとは限りません。理想を言えばコインチェックの各アルトコインを現在の相場価格(表示されている価格)で買えると最高ですよね。実はその方法があるので、ここから書いてみたいと思います。

コインチェックのアルトコイン売買で手数料を最小限に抑える

先ほど説明したように、コインチェックでは13種類の仮想通貨を扱い、ビットコインは取引所での取引が可能で、残りの12通貨は販売所で売買することになります。因みにビットコインも販売所から購入は可能ですが、取引所で買うよりやはり高くなってしまいます。

この13種類の通貨には現在の取引相場価格があって下に表示されていますが、アルトコインを売買する場合、その価格のおよそ3%~5%上乗せで売買することになります。

例えばネム(NEM)で見てみると、現在の取引相場価格は47.17円です。これを実際買う場合、48.69円(3.24%上乗せ)で買うことになります。約1.5円も高いですね。しかも枚数を多く指定すると、更に値段が高くなってしまう仕組みになっています。なぜ高くなるのか、それは、コインチェックも注文された枚数と同じ枚数を他の取引所から損しないように買わないといけないからです。

ということは、もうおわかりですよね。コインチェックが仕入れている先の取引所から自分で仕入れれば良いのです。ですので少々手間がかかるということです。この手間の分だけコインチェックが手数料として取っていると考えれば納得もできますよね。

ではどこから仕入れれば(買えば)良いのかというと、海外の取引所「POLONIEX」です。ネムを47.17円で買うためにはPOLONIEX(ポロニエックス)で買えば良いのです。但し「円」では買えませんので「ビットコイン」で買います。

コインチェックで円をビットコインに交換(現在、取引手数料無料)

そのビットコインをポロニエックスに送金

ポロニエックスでビットコインをネムに交換(取引手数料0.15%~0.25%)

こうすると、わずかな取引手数料と送金手数料だけで済むため、ネムをコインチェックに表示されている相場価格とほぼ同額で買うことができます。但し相場は常に動いていますので、円(JPY)をビットコインに換えて送金している間に価格が変わることは当然あります。

コインチェックからポロニエックスにビットコインを送金するのに要する時間は早くて30分くらいでしょうか?遅ければもっと時間かかるようです。そのため、ネム等のアルトコインを今すぐ買いたいという人は、あらかじめアルトコイン購入予定分に相当する額のビットコインをポロニエックスに置いておけば、タイムラグ無しに買うことが出来ます。

これは元々ビットコインを持っている人には有利な方法で、ビットコインは常にポロニエックスに置いておけば良いということです。コインチェックでほしいアルトコインをポロニエックスで購入し、購入した同じ枚数分のビットコインをコインチェックで買う。そしてまたビットコインをポロニエックスに戻しておく。こうすればビットコインを早く送金する必要はなくなりますよね。

上記はアルトコインを買う場合の説明でしたが、売る場合も逆の作業で行います。またネムを例に挙げてすると・・

ポロニエックスでネムをビットコインに交換(取引手数料0.15%~0.25%)

ビットコインをコインチェックに送金

コインチェックでビットコインを円に交換(現在、取引手数料無料)

アルトコインをいずれ円に戻す際には、この方法で行うと良いでしょう。私はコインチェックの口座開設をする以前から、ポロニエックスの口座を持っていましたので、この方法を実行するのに特に難しくはなかったのですが、これからの人は、まずはポロニエックスの口座を開設しておかなければいけません。

ポロニエックスでの口座開設や取引画面は全て英語ですが、手順を紹介しているサイトもありますので参考にされてまずは口座開設し、次に認証レベルをマックス(パスポート又は運転免許証の提出)まで上げて1日の引き出し限度額を25,000USDまで上げておくと良いでしょう。

使っているうちに英語でも何も問題なく使えますし、世界でも取引高トップクラスの取引所だけあって約70種類の仮想通貨を扱っているので好みの通貨を新たに発見できるかもしれません。

ポロニエックスの口座開設をしていなければ最初は手間がかかるかもしれませんが、これさえしておけばコインチェックの表示価格での売買ができるわけですので、少々高い手数料も「私には関係ないよ~」ってなります(笑)

コインチェックのアルトコイン価格の構成の仕組みは、コチラの記事でも紹介していますので是非参考にされてください。

コインチェックのアルトコインは何故ビットコインと連動するのか

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。