ネット銀行は融通が利きにくい?

ネット銀行は融通が利きにくい?

先日お客様の住宅ローン手続きでのやりとりで大変な思いをしたので書いておこうと思います。

ネット銀行は融通が利きにくい?

先日、お客さまの家が無事に完成しました。あとはお客さまに御引渡し説明をして、それから一番大切な銀行の手続きです。

書類の作成から銀行への手続きまで、お客さまに代わってこちらですることが多いのですが、今回それが大変で・・・(汗

楽天銀行初の住宅ローンで不備が・・・

楽天銀行で住宅ローンを申し込み、着手金と中間金で3分の2の代金は受領済で、最後の3分の1をもらう手続きを進めていたのですが・・・

来週に融資実行で楽天銀行からお客様の口座へ融資が実行され、私の口座に入る予定が、申込み書類に不備があったと。

で、融資の実行が再来週になると・・・こりゃ最悪のパターンです。

来週に振り込まれる予定のお金で支払いの計算をしていたため、ずれ込んでしまうと大変なんです^^;

お客様が申込みされている住宅ローンなので、書類の最終チェックはお客様がされるんですよね。そこに不備があったからと、振込が遅れると言われたら困るのは私なんですが(泣

ひどすぎる、楽天銀行さん。どうすれば・・・とりあえず寝て考えます(笑)

地元の銀行かネット銀行か

楽天銀行から電話があり、お客様の提出書類に不備があったと、それによって融資の実行が遅れると・・・非常に困るパターンです。

ネット系の銀行は電話と郵送のやり取りで、担当者の顔もわからず、進めて行って不備があったらもう大変です。その上、提出書類の量が半端なく多いため、慣れていないとほんと大変です。

それにくらべて地元の銀行なら、担当者がいて書類の記入も対面でフォローしてもらい、ある程度無理も利いてくれます。わからないところはすぐ聞ける、ネット銀行は電話が込み合ってなかなかつながらないときもあるといった感じで、両行の違いは明確ですね。

では、なぜお客様がネット系の銀行、今回なら楽天銀行を選んだのか、ですが、理由は2つです。

・審査が通りやすい
・金利が安い

上記の2つって重要ですよね。実は地元の銀行はどこも住宅ローンの審査が通らずでした。私もお客様と一緒にお手伝いさせてもらい、地元の銀行4行まわりましたがどこもアウトでした。

地元の銀行がだめならネット銀行です。申込みに時間はかかりましたが、審査はあっという間に通過です。しかも地元のどこの銀行よりも金利が安いなんて・・・。

金利の0.1%の差でもバカにできません。借りる金額によっては総額の支払いが100万円以上変わる場合もあります。それなら少々書類の記入や郵送が大変で面倒であってもネット銀行のほうが良いですよね。

地元の銀行は付き合いもあり担当者からいつも申し込んでとお願いされるわりには審査でアウト・・・なんてことがよくあります。

なのでこれからは住宅ローン組むならネット銀行です。ネット銀行のデメリットと言えば、書類の不備で困りやすい・・・です(汗)

意外と融通の利くネット銀行

で、その書類不備の件ですが、次の日、電話で思いっきりゴネました(笑) もう絶対ダメかと思ってたのですが、そしたらなんと・・・期日に間に合わすとOKが出ました!いや~頑張って言ってみるもんですね。

期日に間に合わせて融資実行してくれないと、支払いが滞り、会社が、もう、だめに・・・(泣)なんて(笑) かなりの演技はしましたが(笑)電話口の人も上につないでもらったらなんとかなるもんです。

ネット銀行でも融通はなんとか聞いてもらえる、是非覚えておいてください。

住宅ローン、どこでするか考えるのも大切ですが、まずは資金計画をしっかり立てることですよ!

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。