MLMは今から始めても稼げるのか

MLMは今から始めても稼げるのか

少しMLMのことにも触れておきたいと思います。MLM、いわゆるネットワークビジネスですね。誰もが一度はやったことのある、或いは誘いを受けたことのあるMLMですが、賛成派と反対派とに別れるこのビジネス、今から始めても稼げるのでしょうか?MLMについては多くの紹介サイトがあって奥深い内容のものばかりですので、ここでは超簡単に思うがまま(ある意味適当w)に書いてみようと思います。

日本の法律の下ではMLMは非常に困難

MLMマルチレベルマーケティングといって、アメリカで生まれたビジネスモデルです。MLM、ネットワークビジネスはどちらも俗語で正式には連鎖販売取引といって、日本でも法律の下に行う必要があります。

誰かから紹介されてそのMLMを始めたら、今度は自分が自分の周りの人に紹介してネットワークをどんどん拡げていくビジネスです。ネットワークが拡がれば、そのネットワーク内での売上から決められた割合を自分が報酬として受け取るといったものです。

普通に起業したり、何かのビジネスを立ち上げるにはある程度の開業資金が必要になるのに対し、比較的小予算から始めることができるMLMは、参入のハードルが低いと言えます。参入のハードルが低いということはメリットでもありデメリットでもあります。

なぜデメリットかと言うと、中途半端な人が必ず出てくるからです。小予算で始められるがゆえに、友達に勧められたから「とりあえず」やってみた・・・といった感じの人です。そういった人のほとんどは、中途半端に初めて中途半端に終わります。概要書面を読んだり特商法をしっかり抑えることはないと思います。ビジネスを中途半端に始めるなんてあり得ないのですが、MLMはちょっとした副業として始める人が多いのが現状です。

MLMは「上が儲かって下が儲からない」と言う反対派意見、これはどうでしょうか?確かに下は儲かりません。しかしこれはMLMだけでなく全てのビジネスに共通していることだと思います。会社組織でも通常は社長をトップに、平社員に近づくほど給料が少なくなります。

下が儲からない、というのは平社員が係長、課長と出世しないのと同じことではないでしょうか。出世しなければ平社員は平社員のまま、給料も変わらないと言うことです。

MLMは、日本では反対派も多いビジネスですが、結局のところMLMで成功した人は賛成派、逆にやってみたがうまくいかなかった人が反対派となっているように思えます。

MLMは合法、しかし日本では実質禁止!?

MLM自体は素晴らしいビジネスモデルだと思っています。ただ、このビジネスを日本の法律の下にするには非常にクリアし難い問題があります。MLMを真剣に取り組もうとすればするほど避けられない問題があります。

特定商取引法第33条の2に、連鎖販売取引における氏名等の明示という見出しの条文があります。勧誘する相手に先立って会社名商品の種類それを買わなければ参加できないこと、を告げなければいけないということです。

要するに、「貴方にこれから○○社の○○という商品を売りに行きたいのですが、よろしいでしょうか?」若しくは「貴方にこれから○○社の○○を売るビジネスの勧誘に行きたいのですが、よろしいでしょうか?」と言った感じで、何を話に行くのかを具体的に伝えておかないといけないのです。

これって相当キツイですよね・・・。私がこんな電話を受けたら絶対にお断りします。例えば、「ちょっとすごい物があるんだけど、今から行ってもいい?」とか、「すごいビジネスチャンスがあるんだけど、話聞いてよ!」なんて言い方は法律違反になってしまうのです。まぁこんな言い方でもちょっと怪しいから遠慮したいと思いますが、でも聞くだけなら・・・となるかもしれません。

日本でのMLMは法律を守れば守るほど、成約し難いものになっているのです。ほとんどの人は、この法律を無視して、或いは知らないで知人や友人を勧誘しています。仮に「特商法33条の2に違反しています!」と消費者センターに通報すれば、そのMLM企業は業務停止処分を受ける可能性もあるということです。

勧誘を受ける方もそんな法律は普通知らないので、何事もなかったかのように成約して、その人がまた同じやり方で勧誘、なんてことが日常的に続いています。これではいつどこで行政処分を受けて営業停止になるかわからないですし、ひどい場合は無期限業務停止になることだってあり得ます。

実際に大手MLM企業が行政処分を受けているのは、MLM自体が違法だからではなく、中途半端にMLMビジネスに参入する人が法律を犯してしまうからです。全員がMLMビジネスに真剣ならば、法律は何より一番に抑えておくべきです。住宅会社が建築基準法や都市計画法を遵守して仕事するのと同じで、MLMのビジネスをする人は特商法や薬事法等、関連する法律を抑えて遵守することは当然のことなのです。

私はMLM自体は素晴らしいビジネスモデルだと思っているので否定はしていませんが、日本で法律の下にやっていくのは非常に困難、いや、ほぼ不可能ではないか、と思っています。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

誰もやらないようなことを好んでやるタイプの人間のため、投資や運用で成功失敗を繰り返す。株の研究にも熱心に取り組み、こちらも勝ち負けを繰り返すが、今はそんなリスクを冒さず安定した運用のみ手掛ける。海外旅行大好きで誘われたら断れないタイプです。